2007年05月14日

大阪人、たこ焼きで焦る。

遅い時間に、探し物があってナンバのジュンク堂まで一人ぶらぶら出かけてました。

買い物をすませ,一歩オモテに出るとそこはNGKの真ん前で、ちょうどNGKの公演終了と重なって帰りのお客さんでごった返していました。

そこに漂っていたのが名物の吉本のタレントさんをかたどった人形焼き
の甘い香りと,たこ焼きの香ばしい香り・・・。

時間的にもナイスタイミング流れてくるこの香り・・・たまらん。

でもさすがにNGKから出てきたお客さんはあまり買う様子はない。
結構リピーターが多いようで、今更というようで、「もっと落ち着いたとこ行こか」みたいな感じです。

がしかし、2件あるたこ焼きやのうち1件に、行列ができ始めました。

普段は「めんどうだし、外のベンチで食べるのもせわしないしな〜」
なんて、普通の喫茶店に入ってしまうけど、なぜかその時は空腹も手伝って「よしっ!」と並んでみた。

後ろに並んだNGKから出てきたらしい女の子2人は「え、なんでこんなんなん?」
やはりいつもはこんなに並ばないらしい。

でも,人気のたこ焼き屋らしく,手慣れた感じでどんどんお客さんをさばいていく。

で気づいた・・・。

こういう店では注文する側と受ける側のリズムがある。

たこ焼きの数、トッピング、飲み物、醤油ORソース、マヨネーズ・鰹節・青のりの有無。

慣れた前の人はどんどん注文して行くのだけど自分の番が近づくと急にドキドキし出した。

『えっ,私緊張してるやん!!』

普段難なく店に入り慣れた様に振る舞うことはできるのに、まさかたこ焼きで緊張するとは!
大阪生まれ大阪育ちの私が!!

おばちゃんの「マヨネーズ,青のりは要る?」と早口で聞かれ,
3回も聞き直してしまった。返事が遅いと怒られそうな気さえした。(汗!)

無事、たこ焼きとドリンクを手に店先のベンチに座る。
『うま〜〜〜っ』
ソースでなく醤油味をチョイスし,ジ〜ンワリ香りとふわふわの食感を味わえて大満足っっっ。

ただそれからは、な〜んだか自分が他府県から大阪に出てきた人のような気がしてならなかった私です。
posted by おおつかえつこ at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。